口コミだけで利用者が増え続けている健康器具!!

なんだコレ!?そう思ったら まずは、
この動画をご覧ください。




いつでもイスの下に置いて
「ながら運動」で健康的な生活を!



今や「座りすぎ」は世界的な健康問題!

質問
皆様は、1日に何時間程度座っていますか?



1時間座りっぱなしでいると
22分寿命縮むという研究結果…
ご存知ですか?

現代人特有の命を縮める要因として、今、世界的な関心が高まっている
健康問題が、「座りすぎ」による運動不足なのです。

WHO(世界保健機関)も「世界で年間約200万人の死因になる」と注意喚起



「座りすぎ」の悪影響とは何か?

寿命が縮まる!? なぜ座りすぎは、
健康リスクを上げるのでしょうか

座っている時の足は、下半身の筋肉がほぼ動いていない状態。
しかし、筋肉の70%は下半身に集中しているので、下半身の筋肉が動かないと、血流が悪化し、全身に血が巡りにくくなるため、様々な病気を引き起こす原因になるのです。



座った状態は、第二の心臓の活動停止状態
座って脚の筋肉がほとんど動かない間、「第二の心臓」と言われるふくらはぎの活動は停止状態に陥っています。言い換えれば、下半身に下りた血液を心臓に押し戻すポンプの働きが停止して、全身に酸素や栄養を送る血流が滞っている状態です。




※座るのが悪いのではなく、「座りすぎ」が問題になっています。座りすぎとは、30分以上の着座のことです。


世界全体では、14億人が、日本は3人に1人
なんと運動不足だと言われています。
※運動不足とは、健康のために推奨される身体運動の水準を満たしていない状態。
座ったままの時間が長く、運動不足が続いている状態は、
心臓血管疾患や糖尿病、喫煙習慣などのよく知られた健康リスク
と同じくらい、もしくはそれ以上に身体に悪い。



「歩行・貧乏ゆすり健康法」が
今注目されています。


歩行運動・貧乏ゆすりの効果は、
医学的に認められている!


研究の結果によると、「貧乏ゆすり」をすることで、皮膚内の温度が5分後には約2℃上昇する事がわかっています。座りっぱなしでの長時間の作業や、移動時間、女性の悩みである足の冷えやむくみも貧乏ゆすりで解消できると言われています。具体的にはどのような健康効果があるのでしょうか?

健康効果

エコノミークラス症候群の予防
貧乏ゆすりでふくらはぎを動かすことで、第二の心臓が動き、血液を心臓に戻すための重要なポンプが作動するため、エコノミークラス症候群を防ぐことができると言われています。
貧乏ゆすりでふくらはぎを動かすことで、第二の心臓が動き、血液を心臓に戻すための重要なポンプが作動するため、エコノミークラス症候群を防ぐことができると言われています。



健康効果

冷え性や足のむくみ改善
5分間の貧乏ゆすりで約1〜2℃の体温上昇も確認されているので、これにより●冷え性改善効果●むくみ解消効果●むくみ解消に伴う足痩せ効果が期待できると言われています。



健康効果

股関節のリハビリに
貧乏ゆすりは、股関節にある軟骨再生リハビリにも有効であるとされています。貧乏ゆすりの動きは股関節が痛くなる「変形性股関節症」という病気に効果があるとして治療に用いられます。研究の結果、関節に負荷をかけない「小刻みな摩擦運動」が軟骨の再生を促すことが証明されました。
※出典:「びんぼうゆすりで変形性股関節症は治る」

健康効果

集中力向上
10分歩いた後は、記憶力25%アップする」
精神疾患などで集中力が保てない患者さんにも貧乏ゆすりは効果的のようです。ふくらはぎの運動は脳に血液を送りやすくします。
心臓の圧にふくらはぎの圧が加わり、より快適に血液が循環し、脳に十分な血液が行くので集中力が高まるということになります。
アメリカ・イリノイ大学で、次のような実験を行いました。 Aグループ
歩く→覚える→歩く→確認テスト
Bグループ
写真を眺める→覚える→写真を眺める→確認テスト


その結果、AグループはBグループより25%良い結果が得られました。
「覚える前に歩くと、覚えやすくなる」ということです。



健康効果

ストレス解消
「セロトニン=幸せホルモン」
貧乏ゆすりの「足を小刻みにゆらす」という行為と、「全身が細かく震える」という状態が、人の脳にとてもいい効果をもたらしています。





でも、運動不足対策をしたくても
様々な事情出来ない現実が…






この健康器具で
できます!!





高齢の方、歩行困難な方も楽に出来るあしふみ運動!

座ったままの姿勢で股関節を5分1000回も動かせる。
座っている
時間の一部『あしふみ』するだけで下半身の
血流・リンパの流れを促進!!



東京都健康長寿医療センター研究所
老化制御研究チーム
あお やぎ  ゆき とし
青栁 幸利先生

「あしふみ健幸ライフ」は、座ったままで歩行運動ができる
画期的な健康器具だと思います。
私が群馬県中之条町で18年以上にわたって行ってきた身体活動と病気予防に関する研究(中之条研究)により、1日8,000歩歩き、その中に中強度活動(安静時代謝量の3倍以上の運動)が20分含まれていれば、要介護や寝たきりの原因となるほとんどの病気を予防できる可能性があることが分かりました。 この研究成果に基づき、健康寿命の延伸のために、多くの企業や自治体では中強度ウォーキングを勧める動きが加速しています。「足ふみ健幸ライフ」は、座ったままで歩行運動ができる画期的な健康器具だと思います。これを使用することで、足腰が弱った高齢者やデスクワークが多い就労者でも、いつでも気軽にウォーキングと同様の歩行運動ができます。今後、この商品の普及によって、様々な健康増進効果が報告されるのを楽しみにしています。




健康習慣の新常識! 「あしふみ運動」




ポイント

座ったままで無意識に運動できる!
歩く事はもちろん立ってからでないとできない動きですが、「あしふみ健幸ライフ」を使えば、座ったまま歩いた事と同じ効果を得ることができます。つまり、女性の冷えやむくみを解決できると言えるのではないでしょうか?
※足の踏み込み具合により効果は変わります。



ポイント

ご高齢の方でも楽に自然に
 「貧乏ゆすり運動」ができる!
「あしふみ健幸ライフ」を使えば、95歳のおばあちゃんでも楽々5分で1000歩あるいた事と同じ効果を得ることができます。10分間踏み続けた動画のおばあちゃんは「ぽかぽかしてきた」と言っています。5分踏み続けると1000歩のウォーキング(20分)に相当し、体温は約2℃上がるとされています。



ポイント

車椅子の方もリハビリとして活用!

幅30cmの「あしふみ健幸ライフ」(ショートタイプ)は、車椅子の足置き部分に設置可能。車椅子に乗ったままでも股関節運動ができます。
※足が滑り落ちないように滑り止めを付けたタイプもあります。



ポイント

受験生の記憶力アップにも貢献できる!
前述したとおりで、歩いた後には記憶力が25%アップするという研究結果が出ていますが、座ったままウォーキングができる「あしふみ健幸ライフ」も同様の効果を期待できます。




ポイント

企業の生産性アップに貢献できる!
同じ姿勢で長時間が座って仕事をするにつれ、生産性は低下します。「あしふみ健幸ライフ」を踏みながらリズミカルに仕事をすると、脳内物質「セロトニン」の分泌を促し、緊張やイライラを和らげてストレスの解消にも繋がります。それは結果として企業の生産性アップに貢献できると言えるのではないでしょうか?



ポイント

日本の木工職人が一つずつ丁寧に製作!
 素肌にやさしい木の温もり。
「あしふみ健幸ライフ」は、日本の木工職人の手によって一つずつ丁寧に作られています。「木のぬくもりを肌で感じてもらいたい」「人の手で作ったモノのあたたかさを感じてほしい」という想いで、樹脂を使わず木の手作りにこだわりました。





認知症の対策としても今からはじめませんか?



認知症とは?
認知症を引き起こす病気のうち最も多いのは、脳の神経細胞がゆっくりと死んでいく「変性疾患」と呼ばれる病気です。アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症などがこの「変性疾患」に該当します。続いて多いのが、脳梗塞、脳出血などのために、脳の神経細胞に酸素や栄養が行き渡らなくなり、その部分の神経細胞が死んだり、神経のネットワークが壊れてしまう脳血管性認知症です。これらの認知症は、残念ながら現在の医学では治すことができない進行性の病気です。ここ数年で、ようやく認知症への理解が進み、認知症という言葉への世間の抵抗感も減ってはきていますが、認知症に関する様々な問題が全国で発生しており、その問題が深刻化している状況です。
※一般社団法人 脳活トレーナー協会ホームページより https://www.noukatsu-trainer.org/ninchisyo.html

商品ラインナップ

あしふみは標準タイプ・足つぼタイプ・滑り止めタイプと3種あります。
タイプごとにショート(30cm)とロング(40cm)の仕様があります。
床置き用・車椅子対応と用途に寄ってお選びいただけます。素材は集成材を使用してますが、高級ヒノキ無垢材を使用したものもございます。

木の温もりを肌で感じられる
標準タイプ
床置き用
車椅子対応
ショート/ロング
15,277(税込)



足つぼ玉が足つぼを刺激
足つぼタイプ
床置き用
車椅子対応
ショート/ロング
18,333(税込)



足が不自由な方でも滑らない
滑り止めタイプ
床置き用
車椅子対応
ショート/ロング
18,333(税込)




使い方は簡単

使い方は簡単!一定のリズムで足を動かすだけ!
プールの中を歩いている感じに似ており、筋肉と神経を刺激しますが、
身体への負担が少ないです。
身体の正面に「あしふみ」をセット。膝が約90度になるように座ります。
両足をなるべく離し同時に両足を乗せます。
一定のリズムで左右の足を上下に動かします。足がサイドからはみ出す位に乗せると踏みやすくなります。
手のひら使用
車いすで使用
痛みを感じた場合はすぐにお止め下さい。 少しずつ一回の使用時間を長くしていき ながらご利用ください。
テーブルや台の上に「あしふみ」をセットし、両手を肩幅ぐらいに離して乗せます。足同様に一定のリズムで上下に動かします。肩をほぐし、二の腕などの運動になります。
車いすの方の場合はフットレスト(足置き台)をセットし、その上に「あしふみ」を置きます。あとは標準使用と同じ使い方をします。


一番長く座っているイスは?
その
に置いて下さい。

あしふみの最大のポイントは何か分かりますか?
他との違いは継続が出来るということです。
どんないいものでも、続けなければ効果は出ません。
「継続は力なり!」と言います。
何故かと言えば、
そのイスに座ったとき、自然に足を乗せるようになるからです。
あしふみをした方が快適で気持ちがいいのです。
だから「あしふみ運動」という良い習慣が付くのです。
座り過ぎによる運動不足の対策になるのです。







ページトップスクロール

静電気抑制剤 Email / a-montant@a-montant.com
〒815-0082 福岡市南区大楠1-30-21 福徳ビル2F
TEL.092-791-6664 FAX.092-791-6674